障害者の就職先でも色んなことをやるべきなんです!

 

障害者の子だって、色々やってみることに意味があると私は思います。

 

私が通っていた小学校では、一つのクラスで障害者の子を一人受け入れるというのがあったのですが、とても皆、楽しそうでした。
それに、靴下の履き方やお金の使い方なども、やらなければ覚えないんです。

 

親が何でもやってしまうと、子供と一緒でそれで良いんだとおもってしまうのだと前に聞きました。
もちろん、一緒にいないといけない子だっていますが、そうじゃない子だっているんです。

 

頑張ればできるのに、やらないままだったら、親が死んでしまったその後はどうするのでしょうか。

 

魚をそのまま与えてたとして、魚の釣り方を教えなくては意味がないと思います。
一つの事を教えるには、凄く根気がいることだし、何度も繰り替えさなければいけないので周りの人も大変なのは分かっています。

 

分かっていますが、やはりその根気こそ周りにも本人にも必要だと思います。

 

赤ん坊と一緒で何者にも染まりやすいのが障害者の子でもありますから、どうやって頑張っていくかは本人次第でもありまわり次第だと私は思います。
その一貫として、障害者就職だってあるのではないでしょうか。